学校教育と塾の違い。

学校教育は学校の中での授業や学校行事等の集団生活を通して、学習や人間関係その他さまざまなことを学んでいく場所です。
基本的に余程のことがない限り、1年間はクラスの担任の先生を変更したり、クラスメイトの変更は出来ません。
それに引き換え、塾は学力を向上させるために通うところなので、児童生徒が集まらなければ、経営そのものも成り立ちません。
だから必然的に有名学校への合格率であったり、または学校の勉強に即した授業が出来るなど、それぞれの特性を生かした宣伝を行っています。
塾は学校とは違い、気にいらなければ止める事も出来るし先生を変更することもできます。
教育に関しては、子供たちが生活していくうえにおいて、私は塾も学校も両方必要だと思っています。
両方の特性を上手く見極めたうえで、より良い取捨選択を行っていくことが必要だと思います。
教育にはどちらにしてもお金がかかりますが、子供たちの学力をつけていくために必要なものです。